楽しんごがプロデュース焼き肉店閉店の衝撃理由!! 画像 - エンタメ画像・掲示板

shopping

楽しんごがプロデュース焼き肉店閉店の衝撃理由!! 画像

お笑いタレント・楽しんご(34)がプロデュースした焼き肉店「美味しんご」が今月いっぱいで閉店することが分かった。
(以下引用)
開店からわずか3か月で事実上の“倒産”に追い込まれたわけだが、取材を進めると評判は決して悪くなく、お客もそれなりについていた。ならば、いったい何が原因だったのか? 追跡すると、食べ放題目当ての“大食い客”の来襲と、経営者として致命的な欠陥「計算能力不足」が浮かび上がった。
「美味しんご」は今年5月29日、日本一の繁華街である東京・新宿歌舞伎町の一等地にオープンした。にもかかわらず、わずか3か月で閉店の憂き目を見た。今年は「アベノミクス」の成功で久々に景気が回復基調を見せているが、なぜか楽しんごの店だけは大失敗に終わった。
こう聞くと「店にはさぞかし閑古鳥が鳴いていたのだろう」と想像してしまうが、閉店の理由は意外なものだった。
事情に詳しい関係者は「閑古鳥どころか、お客さんはかなり入っていたんです。夏休みに入ってからは満席の日も多かったし、少ない日でも7割くらいの席は埋まっていた」と明かした。
タレントの名前を出す店は単なる“名義貸し”のようなケースも少なくないが、この店に関してはそんなことはなかったという。
(中略)
それでも店じまいすることになったのは「料金設定と客層の想定の失敗」だという。
「食べ放題をあまりにも安い値段設定にしてしまったうえ、想定以上に食べる客が多くて…。売れれば売れるほど赤字になってしまったんです」(前同)
同店の食べ放題コースは1人3148円という設定。しかも肉だけでなくご飯などのサイドメニューもすべて食べ放題。さらに500円プラスすればサーロインやヒレ肉、イベリコ豚などの高級メニューも食べ放題となるのだ。
さらに食べ放題を注文した客は1468円で飲み放題も付けられる。ソフトドリンクだけの飲み放題なら418円という安さだ。もちろん同店では単品での注文も可能だが、こんな料金設定だからほとんどの客が「食べ放題プラス飲み放題」を注文していたという。
とはいえ当初は、これでも十分採算が取れると踏んでいたという。だがここで予想できない計算違いが生じた。
楽しんごは「癒しんご」という整体院を経営しており、その顧客を「美味しんご」にも呼び込んだのだが、結果的にこれが大失敗。
「整体に通うのはスポーツ選手が多い。そのつながりで柔道やラグビーなど、大食いの体育会系選手が数多く来店したため、食べ放題では採算が取れなくなってしまったんです」(前同)
また「歌舞伎町にある楽しんごの店」となると必然的に“おネエ系”の客も多くなる。「おネエ系はそんなに食べない、と思いがちだがとんでもない。そっちの趣味の人は、大学の体育会系に多いですから。そういう人が団体で来て、大量に肉を食べ酒を飲んでいったそうです」(前同)
その結果、お店自体は「肉も酒も安くてうまい」と人気が出たが、客が来れば来るほど赤字になるという“負のスパイラル”に陥った。最初に安い値段で売り出して人気が出たから、今さら値上げもできず、閉店を余儀なくされたというから何とも皮肉な話だ。
(引用元「東京スポーツ」より)
ranking

楽しんご?DVD みんなの疲れを癒しんご [DVD]



楽しんご 焼肉店 詳細
詳細はこちらから
画像⇒ranking ranking
画像⇒ranking ranking



楽しんご 焼肉店 画像
画像⇒ranking ranking
画像⇒ranking reading
情報を知りたい方はこちらぴかぴか(新しい)soon芸能界のう・わ・さ!
黒ハート気になる噂はココでチェック!黒ハートsoonGEINOUHIROBA
2013-08-28 11:40 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
今日のお勧め芸能記事

ブログパーツ アクセスランキング


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ画像・掲示板 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。